© Performance Technologies Inc. All Rights Reserved.

Performance Technologies

© Performance Technologies Inc. All Rights Reserved.

Head Office

Akasaka Garden City 17th Floor, 4-15-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-0052, Japan

売れた時の高揚感をもっと。
買った時の満足感をずっと。

Performance Technologiesは、PR発想で導き出す戦略を基軸に、
潜在的ニーズを掘り起こす文脈の設計と、その文脈に基づいたコンテンツやメディアの活用により、
創り手と使い手双方にとって満足度の高いパフォーマンスを生み出すデジタルマーケティングカンパニーです。

Business

展開事業について

パフォーマンスから逆算する
共感コミュニケーションの実行

Business of Performance Technologies

パフォーマンスメディア事業

コンテンツ開発⼒‧SEO対応⼒‧運⽤⼒を活かし、商品購買をはじめとしたコンバージョンに繋げるパフォーマンスメディアマーケティングを展開致します。
独⾃展開のプレミアムメディアをはじめ、多領域に対応可能なメディアネットワークを有し、PR戦略と連動したパフォーマンス施策を実⾏します。

D2Cパフォーマンスマーケティング事業

EC/D2C領域におけるパフォーマンス向上につながるようなソリューションを随時開発し、提供して参ります。
⽣活者の購買意欲を引き上げ獲得に繋げるチャットボット「⾒込み顧客獲得できるくん」と、転売に繋がるリスクを⾒つける不正注文アラートサービス「不正注文ミツケタ」を提供しています。

見込み顧客獲得できるくん 不正注文ミツケタ
D2Cエージェント事業

EC/D2Cの商品開発⽀援、ブランド戦略設計から、ECサイト構築及び運⽤、PRや広告運⽤等のコミュニケーション施策の実施、フルフィルメント領域のサポートに⾄るまでをプロデュースします。「商品価値」「共感⽂脈」「数値⽬標」を整理し、事業成⻑に伴⾛しながらブランドコンサルティングを実⾏します。

Solutions

展開サービスについて

パフォーマンス
メディアマーケティングサービス

Performance Media Marketing Service

News

Recruit

採用について

Interview

成功も失敗も、全ての責任は自分の中にある。だからこそ、素早く決断し主体的に行動をする。

流通経済大学を卒業後、ドイツリーグとオーストラリアリーグで約3年プロサッカー選手として活動し、帰国後、ディーエムソリューションズ株式会社へ入社。営業職を経て、2018年にASP事業(現D-AP)を新規事業として立ち上げ、同社における主力ビジネスの一つにまで成長させる。2021年、Performance Technologies株式会社の立ち上げに参画。同社取締役に就任し、パフォーマンスメディア事業の統括としてサービスを展開する。

取締役 パフォーマンスメディア事業管掌
木下 匠

PR×成果報酬型広告というデジタルマーケティング領域なら、誰にも真似できないスペシャリストとして活躍できる。

鹿児島実業高校サッカー部出身。明治学院大学卒業後、住宅ハウスメーカーに就職。その後、スポーツ関連事業とアフィリエイト広告事業を展開するマーケティング企業において、スポーツカテゴリーにおけるフリーペーパーや成果報酬型広告の営業といった広告事業領域だけでなく、サッカーチーム自体の運営やスタジアムDJなども経験。8年間、様々な業務に従事したのち、2020年ディーエムソリューションズ株式会社に入社。2021年、Performance Technologies株式会社の立ち上げに参画し、パフォーマンスメディア事業のマネージャーとしてエージェント業務に従事。

パフォーマンスメディア事業部 マネージャー
田中 大輔

この環境を利用してやるくらいの気持ちで飛び込んだ転職。「私だからお願いしたい」と思ってもらえるような働きを。

大妻女子大学を卒業後、2019年に広告営業会社に新卒入社。動画コンテンツの制作及び広告枠の営業を経験。得意のテレアポで営業成績を積み上げるものの、もっとクライアント側の課題解決に寄り添ったソリューション提案をしたい、今まで経験したことのない新しいことに挑戦したいという思いが強まり転職を決意。2021年秋にPerformance Technologiesに入社し、現在はパフォーマンスメディアマーケティングの現場で奮闘する日々を送っている。

パフォーマンスメディア事業部 ディレクター
山本 菜月

Recruiting Information

Mission

求める人を想う価値が、
求める人の手元に
正しく届く社会を創る。

モノや情報が溢れかえり、自分たちにとって本当に役に立つモノと出会うのが難しい時代。でも、創り手はいつだって、それを求める人のことを想い、新しい価値を生み出し続けていると我々は考えます。
Performance Technologiesは、求める人のことを本気で考え、創り出された「価値」が、それを必要とし使う人の手元に正しく届けられ、その人の役に立つという「出会い」を一つずつ創り出していくことを事業の柱としています。求める人を思う価値が、求める人の手元に、ロスなく正しく届く仕組みを提供することで、社会全体の豊かさを増やすことができると信じています。

Vision

使い手の役に立つパフォーマンスにコミットすることで、
創り手が生み出す本質的価値への共感を広げていく。

Value

自らも事業家として
数字と感性の二刀流
誠実に 正当に
ポジティブであれ ネガティブは去れ
やり切る力は強い

Corporate

Corporate

本社 〒107-0052 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ17F
設立 2021年3月
資本金 70百万円(資本準備金35百万円含む)
株主 株式会社ベクトル、株式会社Direct Tech、
ディーエムソリューションズ株式会社
事業内容 パフォーマンスメディア事業、
D2Cパフォーマンスマーケティング事業、D2Cエージェント事業
代表取締役 木村 和央
取締役 南口 善史・木下 匠・後藤 洋介・秋保 潤

Contact

必要事項を入力の上、送信してください。

お問い合わせにおける個人情報の取り扱いについて

ご入力頂きました個人情報の取り扱いにつきましては、弊社のプライバシーポリシーに基づき厳重な管理運用を行っております。お問い合わせへの回答目的以外での利用及び、第三者への提供・委託は致しません。弊社のプライバシーポリシー、並びに個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは個人情報管理責任者(privacy@vectorinc.co.jp)までお願い致します。

pagetop